So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ありんこ地獄 [人生勉強]

朝、私の楽しみは弁当を作り終えたあとのガーデニング。
せまいながらも楽しい我が家。
バラややくちなしの花をめで、アスパラガスやピーマンをつまみとる。
丹誠込めて世話したおかげで、いまだに無農薬が自慢。
ふんふんと30分ばかり外の空気をすい、テレビをみるために室内にはいった。
家族はあわただしく出勤したあと、コーヒーをのみつつ、ゲゲゲの女房をみる。
至福の時間だ。

うきうきした気分でいる時は、なんでもいいように思える。
床をはう蟻を発見したときも「あ〜ら蟻さんどこいくの?朝から働き者だわね。」
生物観察くらいのつもりであとをたどる。
その蟻が
とととぅっと部屋をわたる。
そしてまっすぐ目標定めてキッチンをのぼる。
ええっ。
その先にはなんとふたが開いたままのジャムの瓶が・・・
わっ、夫のやろう、食べ終わった後放りぱなしにしていったな!

ぎっちり黒い蟻の満員電車。
わ^、ぎゃ。
あわてて、つまみ上げ、洗い桶の水につける。
もがき、浮かび上がる蟻。
芥川龍之介の血の池地獄もかくやと思えるが
縁にたどりつきそうな元気者を発見。
お釈迦様ならぬ私は
じゃっとおけをひっくりかえし、その上から漂白剤、洗剤、熱湯をそそぎこむ。

ほうっ。
これでおしまいかと思いきや、蟻の群れはまだつづいている。
「もう、ジャムはないぞ。部隊を退却させるべし!」と呼びかけてみるが、もちろん応答なし。
蟻語は知らないので言葉は通じない。
大きなバスマットをじゃぶりと洗剤にひたし、床一面を蟻部隊の経路をたどりつつふきまくる。
これはこれは、
中庭デッキの下へともぐるではないか。

作戦変更。
強力殺虫剤をジェット噴射。
ぱしっと吹っ飛ばされる小柄な蟻たち。
あっちこっち、マシンガンの先をまわすように噴射しまくる。
はっと気づくと、もう空。
いけない。
これって農薬じゃん。
主義主張に反するわい。

まだまだ蟻部隊がかき上ってくる。
これは、女王アリが
「退却は許さん。進軍あるのみ。」と命を粗末にするような指令をだしているとしか思えない。
一寸の虫にも五分の魂って、ならったのに。


あわれな蟻たちである。
しかしジャムだけでなく、砂糖つぼにも黒い影発見。
そして昨日飲んだジュース缶、リサイクルのためゆすいで下向きに水きり中の缶入り口からはいりこんでいる。
さてはゆすぎようが足りなかったか・・・
なんでもリサイクルというから、こんなことになるのだ。
洗って干すような場所が日本家庭のキッチンにはないのに。
やっぱり環境に優しい生活なんて、日本では無理だ。
なんのいわれもなく、オバマ大統領をうらむ私。

結局、あの日から3日、あちこち洗剤でふきまくり、もう一本ジェット噴射の殺虫剤を空にした
ついに蟻殺しの白い粉農薬を家周囲にまき、バルサンを焚いた。
経費6800円なり。
その後始末で、昨日今日と洗いものに追われる。
がんばりすぎて、家の中でついに熱射病になった。
ふらふらしつつ夕飯の片付けをしていると夫が
「かわったろ。妻がたおれてはいかんから。俺は嫁さん孝行やねん。」

あんたねえ、誰のせいでこの惨事になったとおもうのよ。
もう、一生、我が家ではジャムを買わんから!











nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

moririn

蟻とか、一度道ができると偉いことになりますよね、
家ではまだ、一度も発生していませんが気をつけないといけませんね
この暑いのに、蟻のために働くとか考えられん!
by moririn (2010-07-27 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。