So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鈍川温泉顛末記 [団塊世代の安い旅行]

「鈍川温泉、どうでした?」
12月のバス会のあと、「温泉に一泊する」と言っていたので知人に尋ねられた。
愛媛生まれの人だったので「ひなびていたけど泉質よかったよ〜」という言葉を期待していたのだと思う。
「すみません、行ってないんです・・・」
そう答える私の表情がひくついている。

あの日、確かに鈍川へ行った。
事務局のMさんと二人、夜を楽しむための本やら、おやつやらを高島屋で買い込み、
何泊するつもり?と聞かれそうなくらいの大荷物でバスにのった。
外灯すらない寂しい山道を1時間半、気持ち悪くなるくらいゆられゆられ
ようやく今治についたら、Mの妹が車で待ち構えていた。
鈍川行きのバスは4時台でおわっており、姉思いの妹が仕事帰りに送ってくれることになっていたのだ。
それから30分、山道をゆられながら、なんとなく不安がわいてきた。
「あたし、予約したっけ???」

世の中におくれていた私だが、最近、旅館やレストランのネットクーポン購入ができるようになった。
初めての落札は東京ディズニーランドオフィシャルホテル、ペア素泊まり7900円。
娘二人にプレゼントしたら、姉が芋娘の旅費をだしてやり、仲良く楽しんできた。
今度は私の番、ということで鈍川温泉2880円を落札したわけだ。
豚しゃぶの夕食つきでこの値段、安いよね。

クーポンチケットにはすべて事前予約が必要だ。
娘がリゾートホテルにどのような予約をしたのかはよく聞いていないが
メールを出せばいいのよね〜と早わかりし、出したような気がする。
でも、そういえば、受け取ったという返事がなかったような・・・
でもあんなりっぱなHPを作っている旅館なら、ちゃんとメールで返事があるはず・・・
私、2週間前は、試験とレポート、調査もあってばたばたしていた。
すごい数のメールの往来があったから、それに埋もれていたのかもしれない。

山の中の鈍川温泉、HPとはかなり印象がちがい外見ぼろい。
でもきぅっと中身は改築してるんだよね、とまたも早合点する。
受付には誰もおらず、中から少々年配のおじさんが出てきた。
「あの、予約していたものですが。」
「は?今日は休館日ですが。予約なんて聞いとらんが。」
ネット対応のお姉さん(家におられた)に電話で確認してもらうと
「メール、ついてないですよ。予約いただいたら、かならず確認メールをいれ、予約番号をいただきますし。」
あひっ、それはどういう事でしょうか???
「今日は休館しているので、お部屋もお食事もご用意できません。申し訳ないですが、御泊めできません。」
なんと!
この山中で、予約せずに泊めてくれるようなホテルは他にあるのだろうか?
「ないでしょうなあ。」

慌ててお外の車で待っているMの妹を追う。
「すみません、どこか泊まるところ、ご存じないでしょうか??」
彼女は今治の住民、しかも顔が広いという噂だ。
「国際ホテルなら予約なしでもいけるかも?」
あわてて、愛用のipadで検索、車の中から電話してもらう。
「1泊26000円だって、どうする??」
ぎょ、2880円のつもりできたのに、26000円は手持ちが足りない。
「もぅっと安い部屋ないか、聞いてみて。」
この時、Mと私は血圧が50ほどあがり、必死の形相だったと思う。


「あるって素泊まり9800円、これでいい?」
普段の私たちなら9800円はすぐには決断しがたい高額だが
26000円のあとなので、大バーゲンみたいな気がした。
「いい!それ、決まり!」
かくして、鈍川ではなく、今治国際ホテルに一泊したのである。

駅前の焼き鳥屋で腹一杯たべ(今治は鶏のばりーさんが有名)
広々とした温泉に朝夕2回もはいり、バス会以上の鈍川騒動の疲れをいやした。


チケットはMの妹に進呈した。
言い訳になるが、あのころ出したメールはいろんなところに届いていなかったことが判明した。
バス会打ち合わせの東温市担当者にも!
粗忽だけではすまされない。
メール出したあと、電話で「メールついてますか?」なんて確認いれたほうがいいのかもね。

クーポンサイト ポンパレ





nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

TANIGUCHI

大変でしたね・・・
by TANIGUCHI (2011-12-27 10:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。